読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナさんキッチン

料理やスマホ、買い物やお金のことなど、暮らしのことから世界のニュースまで気になることをいろいろ書いてます

ハゲや抜け毛を防止するためのシャンプーの方法があるんですよ

健康 健康-薄毛・ハゲ

 

ハナさんパパを見た息子ちゃんがある日言ったんですよ。

「パパ、髪の毛増えた?」

\(^o^)/えっ?増えてるの?なにそれ嬉しい♪

f:id:hana3hana:20160627212428p:plain

リップサービスかもしれませんが、そんなこと言われたら嬉しくなっちゃいます。

実はハナさんパパは、最近髪の毛に優しい洗髪方法を編み出したんですよ。
それで髪の毛が増えた、あるいは抜けなくなったのかもしれないなって思うんですよね。

その方法を今から書きますね。

 ハゲや抜け毛や薄毛を防止するためのシャンプーのやり方

この方法は、以前テレビ東京のWBS(ワールド・ビジネス・サテライト)の「トレンドたまご」で放送していたものを参考にしたシャンプーのやり方です。WBSのトレンドたまごアーカイブにはこの回の放送分が残ってなかったのでハナさんパパの記憶のみで書きますね。

薄毛や抜け毛、ハゲの原因はシャンプーやリンスが頭皮に残るからだった?

そのWBSトレンドたまごで紹介されていた製品がコチラ。 

 この商品は、美容師経験のある開発者が
「毛髪トラブルは髪の汚れではなくシャンプーやリンスの残りが原因だった」
と気づいて、美容師の洗髪方法からヒントを得て製作しました。

美容師の洗髪方法とは、髪の毛を洗う時に手のひらにお湯をためて、シャワーの水流ですすいで、頭皮の汚れや、頭皮に付着しているシャンプーやリンスを取り除くのです。

WBSのトレンドたまごでは頭皮を撮影するカメラを使って頭髪の根本を写していましたが、キレイなお嬢さんでも、毛根の周りには何かが付着していましたよ。
ところが、このシャワーで髪の毛を流すと、あら不思議、毛根に付着していた汚れが落ちちゃうのですよね。
このシャワーは美容師が手のひらでお湯をためてすすぐやり方を、真似ているのです。

 

そして、ハナさんはその美容師の洗髪方法をやっているのです。
そして、髪の毛が減らなくなったみたいなのです。

ハナさん流のハゲ・抜け毛・薄毛防止のシャンプー術

ハナさんのシャンプー術です。

シャンプー・リンスの量

リンスは使いません。

シャンプーもたくさん使うと流すのが大変なので、ほんの僅かしか使いません。

シャンプーをほんの少ししか使わないのがポイントの1つですね。

直接頭にシャンプーを付けない

シャンプーをポンプから出して、その原液を直接頭につけると、地肌にシャンプーがべっとり付いてしまいます。地肌にシャンプーが残ってしまいそうですよね。

だから、手のひらで泡立ててから、襟足や耳の周りから髪の毛の先の方に、泡立てたシャンプーを付けて、髪の毛を泡立てて髪の毛を洗います。

シャンプーが少ないので、スグに泡は消えてしまいますけどね。

でも、それで良いのです。

しっかりすすぐ

シャンプーが残らないように、しっかり洗い流します。

上に書いたように、手のひらにお湯をためてシャワーの勢いで、たっぷりのお湯ですすぐのです。

すすぐ時間は、シャンプーで洗う時間よりもずっと長いのです。

時間の目安は、シャンプーの香りが無くなるくらいかな?

地肌から、脂が髪の毛に補給されますから、リンスはいりません。

ドライヤーで乾かします

ドライヤーで乾かすとき、普通にシャンプー・リンスを使った時は、強い香りがしますが、ハナさん流の、わずかなシャンプーにしっかりすすぎで洗った場合は、あまり香りがしません。

でも、頭の匂いもそれほどしませんよ。

 

スポンサーリンク
 

 

湯シャンとの違い

シャンプーやリンスの残りが頭皮にイケないのなら、お湯だけで洗髪する湯シャンで良いじゃないか という声が聞こえてきそうなので、説明を。

湯シャンでは、残念ながら臭いが落ち切らないです。

わずかでもシャンプーをつけると、臭いが減ります。

まとめ

ハナさんパパの抜け毛が減って髪の毛が増えたかもしれないシャンプーの方法は、

  • 僅かなシャンプーを泡立てて、頭の下の方から使う
  • しっかりすすいで頭皮にシャンプーを残さない

の2点です。

気のせいかもしれませんが、ハゲや薄毛や抜け毛が気になる方は1周間ほど、この方法を試してみてはいかがですか?