読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナさんキッチン

料理やスマホ、買い物やお金のことなど、暮らしのことから世界のニュースまで気になることをいろいろ書いてます

【中学生向け】夏休みの宿題といえば、読書感想文。僕らの7日間戦争の読書感想文のサンプルを公開

学校 学校-夏休みの宿題 本-感想文

夏休みの宿題といえば自由研究と読書感想文。

ハナさんは子供の頃、読書感想文が嫌いでした。

本を読むのは好きでしたが、感想は、「面白い」で終わってしまいますもんね。

何を書いて良いのかさっぱり分かりませんでした。

 

高校生くらいになって、ようやく「感想文は感想を書くものではなく、自分の意見を書くものだ」ということに気づきました。気づくのが遅かったですね・・・

ついでに、「作文を書くことで、書いた文章のような人になっていく」ことも感じました。丁寧な文章を書けば丁寧な人間に、乱暴な文章を書けば乱暴な人に・・・気のせいかもしれませんが、そう感じました。

読んだ本は「僕らの7日間戦争」

さて、本題に入りますか。

 

読書感想文のサンプル。

 

読んだ本はこれ

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫)

その昔映画にもなりましたっけ。

 

それで、読書感想文のサンプルですが、うちの子の宿題を手伝ってあげるときに、「こんなふうに書いてみたら~」と書いて見せてあげたのですが、全く相手にされなかったものです。

 

ですので、タイトルに惹かれて、

「しめしめ、コピペすれば宿題は終わりだ、イッヒッヒ!!」

と考えているパソコンの前の中学生くらいの君! あくまでもサンプルだから、参考にして自分の言葉で書くんだよ。

解説

サンプルはもう少し下にありますけど、解説を読まない人が多いみたいなので、先に説明しますね。

感想文のテーマ

「中学生になり成長した私」です。

昔読んだ本を読み返して感じた、自分の成長です。自分の成長したと感じたことならなんでも良いと思います。

ポイント

 反社会的なことを否定しました。もしも、先生や学校が革新的な場合は、半社会的なことを肯定してもよいかもしれませんが、一般的に犯罪は否定したほうが良いですね。

革命を犯罪と捉えることもポイントです。

タイトルの「戦争」から、「革命は戦争。戦争は良くないこと。革命は良くないこと。」と書いても良いかもですね。

 

ちなみに、戦争は外交の手段です。外交の一態様にしか過ぎません。

 

平和は、状態を指します。革命が起きると平和な状態は破壊されます。

 

戦争がいけないのは、先の大戦の例を見て分かるとおり、局地戦でなく総力戦になってしまうからです。自国に有利なように戦争を終わらせるには、相手の国を壊滅するかなく、負ければ壊滅させられてしまうからです。

だから、無駄なことはやめて話し合いで解決しましょうね、ということです。

ただし、大事なことは話し合いでは解決しないものです。この前のTPPも妥結しませんでしたよね。

書き方

書き方としては、

  1. 読んだきっかけ
  2. 本を読んで一番印象に残ったこと
  3. 自分のことに置き換えてみて考える事
  4. それに対する賛成と反対
  5. 昔読んだ時と、印象が変わったこと
  6. 自分はこれからどうしていくか

を書けば良いと思います。

中学生は義務教育が終了し、早ければ中卒で社会にでる人もいます。

社会人として常識ができつつあるんだよ、ということをアピールしたら良いと思います。

サンプル:感想文「僕らの7日間戦争を読んで考えたこと」

私がこの本を読んだのは、小学◯年生のときのことで、〇〇から「面白い本があるから読んでみたら」と薦められたからです。
 このころの私は漫画ばかり読んでいましたが、この本を読んで読書の楽しさを知り、いろいろな本を読むきっかけになりました。

 

 一番印象に残ったことは、最後に警官が廃工場に突入するところです。
 子供たちは廃工場から脱出してるのに、大人たちは必死に探しているのです。私は、「いくら子供が反抗しても、大人は子供のことを心配しているのだなあ」と感じました。
  私は両親に反抗することも、先生や社会に反発することもありませんが、もしそうなっても、きっと両親は、私のことを心配してくれると思います。反抗してい なくても、両親は私の学校生活や成績のこと等について、いつも声を掛けてきます。正直なところ、「うざいな」と思うことばかりですが、この夏休みに「私ら の7日間戦争」を読んで、「子供が悪いことをすればするほど親は心配するんだ。親に迷惑を掛けないようにしなくちゃ」と思うようになりました。小学校◯年 生の時と違って、中学◯年の夏休みではそんなことを感じました。

 

スポンサーリンク
 

 

  以前読んだときと、印象が変わった点は、革命の真似事をしている子供たちについてです。小学生のときは、「子供に振り回されている大人」に面白さを感じい たり、「全共闘」「解放区」という言葉がかっこいいように感じましたが、改めて読んでみると、子供たちがやったことは犯罪です。

インターネットで調べてみても、全共闘がやったことは殺人や放火等の犯罪です。

この夏にこの本を読みなおしてみて、作者は犯罪を美化しているように感じました。

私がこの主人公だったら、仲間には入らないだろうし、仲間をひきづりこんだりしません。

社会の一員として、中学生で出来ることをして、しっかり勉強して、早く一人前の大人になりたいと思います。主人公たちは大人を汚いもの、ずるいものと批判していますが、自分たちが大人になって、汚いこと、ずるいことをせず、公平な社会を作るようにすれば良いのです。


 私の周りには、汚い大人、ずるい大人いません。でも、小説の中でなく、本当にそんな大人がいたとしても、私は革命という犯罪は犯しません。大人たちも年老いてやがて社会からいなくなります。そのとき、私たちが汚い大人、ずるい大人にならなければいいのですから。

 私達がしっかりして、これからの社会を築いていくのです。

まとめ

需要があるかもしれないと思って公開してみました。

感想文は何を書いても良いんだ、と言うサンプルくらいにはなりそうですかね。

あわせて読みたい

www.hana3.net

www.hana3.net

www.hana3.net