読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナさんキッチン

料理やスマホ、買い物やお金のことなど、暮らしのことから世界のニュースまで気になることをいろいろ書いてます

「とちかん」は「土地勘」ではなくて「土地鑑」が正しいと思う

暮らし 暮らし-テレビ

先日、ワールドビジネスサテライトをみていたら、「和歌山小5殺人の犯人に「土地勘」がある」と放送していました。

正しくは「土地鑑」

「鑑」は、「知識」「知っている」「わかる」くらいの意味ですかね。

デジタル大辞泉の解説
かん【鑑】[漢字項目]
[常用漢字] [音]カン(呉)(漢) [訓]かんがみる かがみ
1 反省の資となる前例や手本。「殷鑑(いんかん)・亀鑑(きかん)」
2 資料を並べて手本とする書物。「図鑑・大鑑・年鑑・武鑑・宝鑑・名鑑」
3 よしあしを見分ける。よく点検する。「鑑査・鑑識・鑑賞・鑑定・鑑別/清鑑」
4 身分・資格などを見分ける証拠。「鑑札/印鑑・門鑑」

だから、「その土地のことを深く知っている」のが「土地鑑」ですね。
良くある間違いですね。ワープロの誤変換ですかね。

「土地勘」では、「勘」、つまり、その土地のことを知らないかもしれないけど、あてずっぽうで行動した意味になるのでおかしいですよね。
その土地で暮らしている人しか知らない場所を知っているのですから、「土地鑑」。
だから犯人は地元の人かも、ということですよね。

報道を見ていると、新聞もテレビも「土地勘」ってやっていますね。マスコミ用語ですかね。
土地鑑が正しいと思うので、クイズ番組とかで「あれは間違いです」ってやって欲しいですね。

スポンサーリンク


あわせて読みたい

hana3hana.hatenablog.com